トラックドライバーのメリットとは?

クルマの運転が好きな人にとっては、トラックドライバーになること自体がメリットです。しかし、他にもメリットがあります。トラックドライバーにはルート配送の近距離から県をまたいでの長距離まで、さまざまあります。どのドライバーでも道や地理に詳しくなれることが一つ目のメリットです。近距離では地元の地理に詳しくなり中距離では日帰りで走行できる距離の地理に、長距離では日本各地の地理に詳しくなれます。 二つ目は、トラックドライバーは基本一人で運転することになり人間関係のストレスが少ないです。一般企業のような、会社内での人間関係に悩むことがありません。三つ目のメリットは、運転スキルや覚えた道を次の仕事に活かせることから、結果的に手に職をつけたと同じになり転職がしやすいことです。トラック業界は慢性的な人手不足であるため、安定して求人があることもメリットとなります。

トラックドライバーのデメリットとは?

トラックドライバーのデメリットとして、労働時間が不規則になることがあげられます。トラックドライバーの主な仕事はトラックを運転し、毎日道路を走ることです。道路というのは、いつも空いているわけではありません。交通状況によっては道路が渋滞し、渋滞に巻き込まれると自然と労働時間が長くなってしまいます。また、荷物を降ろす先で待つ時間が長かったり、荷物の到着時間を指定されたりすることも不規則になる原因になります。

次にトラックドライバーは、腰痛になりやすいです。同じ姿勢でトラックを運転することによって腰に負担が掛かったり、重い荷物を積み降ろしたりする際に腰を痛めることが多くあります。トラックドライバーの仕事は基本的にトラックを運転し荷物を積み降す、これの繰り返しです。変化を求める人にとっては単調な仕事となり、デメリットになるかもしれません。

運転手の求人は未経験者も対象として募集しています。運転の初心者でも新しい仕事にチャレンジできるでしょう。