ドライバーの給与体系について

ドライバーは人やモノの配送が主な仕事です。給与体系については一律でどの会社も一緒ではありません。いくつか種類があるので、まずはそれぞれの特徴をおさえておきましょう。 ここではトラックのドライバーの給与体系を例に取って見てみます。メジャーなところでは、固定給が支払われ、別に時間外割増賃金が支払われる方法があります。また固定給+時間外割増賃金の他に、荷量などに応じた仕事給が支払われる会社もあります。他にも固定給や時間外賃金、仕事給などがすべて一律の金額で支払われる場合もあります。最後に歩合給を導入している会社もあります。 どの方法も一長一短はあります。肝心なのは固定で支払われる給料以外の賃金が、どのように算定されどのタイミングで支払われるのかを確認しておく事です。

給与体系それぞれのメリットやデメリットについて

固定給と時間外割増賃金が支払われる方法は、他の業種でも採用されている事が多いです。この方法のメリットは支払う方も貰う方も、わかりやすく管理しやすいというメリットがあります。固定給に関しては、仕事の忙しさに関わらず一定であるといった特徴もあります。働き方改革や規制緩和に伴って、現在では荷量などに比例して支払われる仕事給を導入している会社も増えてきています。 ただしこの方法は固定給とのバランスが非常に難しいというデメリットもあります。仕事給は忙しい時は高くなるけれど、暇な時はほとんどない、という状況が想定されます。また固定給から仕事給まで一律給付を採用している場合、ベテランでも若手でも同じ収入、といった不公平感が生じることもあります。給料に経験で得たスキルやノウハウが反映されにくい給与体系と言えます。

運転手の募集には年齢制限はありません。運転する車種に限らず、安全な運行ができることが必要となります。