必要な免許はこれ!「大型二種自動車運転免許」

バスの運転手として働き始めるにあたって、絶対に必要なものがあります。それは「大型二種自動車運転免許」です。これは大型自動車に客を乗せて運転するために必要な免許で、取得するのにいくつかの条件が設定されています。その条件とは、「年齢は21歳以上で普通、中型、準中型、大型、大型特殊免許を取得済み。そして運転経歴が3年以上あること」です。また、試験の数も多く「適正試験」「学科試験」「技能試験」を受けて合格しなければなりません。こう聞くと狭き門のように感じますが、しっかりと勉強して試験を受ければ問題なく合格出来るレベルです。これからバスの運転手を目指したいという人は、まずはこの大型二種自動車運転免許の取得を目指しましょう。

運転技術だけじゃない!様々なスキルが求められる!

バスの運転手として活躍するために必要なものは、大型二種自動車運転免許だけではありません。当然ながら、大型のバスを自在に運転するスキルも求められることになります。安全運転はもちろんのこと、乗客を不安にさせないような安心感のある運転スキルも必要になることでしょう。また、乗客の命を預かっているという責任感を持つことも非常に重要です。もし公営バスの運転手になるのなら、運行スケジュール通りの時間で運転していくスキルも必要になります。マイペースに運転して遅れるような事があってはなりませんし、逆に急ぐあまりに危険な運転をしてしまってもいけません。冷静に状況判断をして、落ち着いてバスを運転していくスキルも必要になります。